FC2ブログ
今回の映画
今回は1本。



「海街diary」
鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。父の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。父が亡くなった今、中学生のすずにとってこの山形で身寄りと呼べるのは血のつながりのない義母だけ。気丈に振る舞うすずだったが、肩身の狭い思いをしているのははた目にも明らか。すずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。こうして鎌倉へとやって来たすずだったが、最初は自分の母が幸たちの父を奪ったことへの負い目を拭えずにいた。それでも、異母姉たちと毎日の食卓を囲み、日常を重ねていく中で、少しずつ凝り固まった心が解きほぐされていく。また、入部した地元のサッカーチームでも仲間に恵まれ、中学生らしい元気さも取り戻していくすずだったが…。
【allcinemaONLINEより】

是枝監督によるホームドラマ。
古民家に住む3姉妹、父は不倫、母は再婚し家を出て行って、今は3姉妹が力を合わせて生活をしていた。
ある日、出て行った父の訃報が届き、不倫相手もすでに他界しており、腹違いの妹となる中学生の少女が取り残されることに。
そんな少女を不憫に思った3姉妹は、3姉妹の住む家へと一緒に住もうと提案、こうして腹違いながら4姉妹での生活がスタートするのであった。
「万引き家族」でパルムドール賞を受賞し、世界の監督になった是枝監督。
「海街diary」も2015年にパルムドールにノミネートしましたが受賞はならず、同年には日本アカデミー賞で作品賞を受賞しました。
で、映画はと言えば、多少特殊な設定ですが、姉妹が喧嘩するでもなく、大きな事件が起きるでもなく、ごくごく普通すぎる日常が展開されるだけ。
多少の口喧嘩はあるけど、まぁそれくらいは日常茶飯事。
それでも、面白くないわけじゃない、それぞれが助け合い、それぞれが補い合い、それぞれが尊重し、家族を守り明るく生活する姿は観ていて心地いい。
女子の日常が見れるとかそうゆう下心的な見方ではないですよw
キャラ設定もよく、しっかり屋の長女、自由奔放な次女、のほほんとした三女、そこへ3人の要素を持ち合わせたかのような性格の腹違いの四女が加わります。
風景の見せ方も綺麗で、海沿いの街並みも綺麗。
気になったのはお葬式のシーン多かったなw
出演者は、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、大竹しのぶ、リリーフランキーなどなど。
最近の作品にしてはかなり豪華キャストでしたねー。
面白かった、ホームドラマ系が好きな人は間違いなくハマれる映画かと、オススメ。
【 2018/08/06 14:02 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<アンダーテイル? アンダーテール? | ホーム | 未来のミライ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3154-6a45adb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |