FC2ブログ
ジュラシック・ワールド/炎の王国
観てきました 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」。

ではいつもの劇場予告編からチェキ!


「検察側の罪人」
キムタクとニノによるサスペンス。
数人の容疑者のうち一人に的を絞るベテラン検事キムタク、先輩が容疑者を仕立てあげようとしているのではないかと疑念を持つ後輩検事のニノ。
そうゆう話。
演技に定評のある二人の映画だし、雰囲気的にもかなり重い感じだし、出演者も豪華メンバー。
かなり面白そうだけど、個人的にはまぁスルーかな。


「劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」
人気ドラマの初映画化。
第3シーズンしか観てないけど、面白かった。
それぞれのシーズンの終盤で大きな事故が起きて救命救急がてんやわんやになる流れでしたが、今度の映画では成田空港と海ほたるで大事故が。
さらに、主要メンバーがそれぞれの道を歩みだすようなシーンもあって、初映画にして最終章なんですかね。
メッチャ面白そうだけどドラマ全部観てないしね、スルーの方向で。


「未来のミライ」
細田監督最新作、すでに公開されてますね。
ムビチケ(前売り)買ってるけど、観に行くのは2~3週してからにしようかなと、だって泣くでしょ、絶対。
ある程度、お客が少なくなってから見に行きます。
エヴァの特報も流れてるようだしね。


「ペンギン・ハイウェイ」
アニメ。
物質をペンギンに変えることができる能力を持つお姉さんと、その能力に興味を持った少年とのお話。
お姉さんの能力の影響で、世界に化け物らしいモノが現れたりして…?
主題歌を宇多田ヒカルが担当し、声優には豪華俳優陣を起用と、かなりお金の掛かってるアニメ映画。
が、しかし、予告編を見ても内容が今ひとつわかりにくいのと、観たい!と思わせるような盛り上がるシーンが目につかない。
ちょっと興味が湧きませんで…。


「スカイスクレイパー」
ドウェイン・ジョンソン主演のアクション。
高さ1キロの超高層建築物パール、あらゆる施設・設備・最高のセキュリティに加え公園や居住スペースまで用意された究極の建築物。
その建物で火災が発生、元FBIのドウェイン・ジョンソンが家族を救うため奮闘するって話。
最近タワーリングインフェルノを見たので、この手の映画には興味津々。
さらに主演がドウェイン・ジョンソンってんだから確実に面白いでしょこれ。
公開日も決まったし、たぶん観に行くかもしれない。


「ザ・プレデター」
SFアクションホラー。
あの地球外生命体のプレデターが帰ってくる!
1作目ではシュワちゃん率いる部隊がアマゾンで襲われ、2作目では街で暴れ、3作目では謎の惑星に人間が狩りの獲物として召喚されたこのシリーズ。
最新作では、少年が謎の機械をいじってたら、それがプレデターを呼び寄せるものだったらしくプレデターが地球に飛来。
面白いだろうなー、んでもこのシリーズ、1本として映画館で観てないので、今回も渋々スルーで。


「ボヘミアン・ラプソディ」
伝説のロックバンドQueen、そしてそのボーカルのフレディ・マーキュリー。
バンドとフレディの生涯を描いた伝記映画ですね。
何曲かは映画とかドラマだったりCMだったりで聞いたことはあるけど、バンド自体はほぼほぼ知らないワタクシ。
でも興味はあります、割と伝記モノって嫌いじゃないし、ちょっと観たいかも。


「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
トム・クルーズ主演のスパイアクション、トムさんのミッションも6作目ですな。
撮影中にケガをして撮影が一時中断したので公開が遅れたけど、いよいよ8月に公開ですよ!
で、そのケガをしたシーンも予告編に収録されてましたね。
ビルの間を飛び越えて、飛びついたビルに腹部を打ち付けるシーン、あそこで足首を折ったとか、痛ぇ~。
シリーズを追うごとに危険なスタントになってきてるけど、同時に危険ながら見た目地味になってるのがちょっと…。
それでも好きなシリーズだから、期待せずにはいられない、今回も観に行きますぜ!


では本編開始。

3年前の惨劇以来、人間が放棄したコスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、“ジュラシック・ワールド”の恐竜たちが文字通り野生化し、島中に棲息範囲を広げて生き続けていた。しかし島の火山活動が活発化し、大噴火が迫っていることが明らかとなる。パークの元運用管理者クレアは、恐竜たちを絶滅の危機から救うため、恐竜監視員だったオーウェンに協力を要請し、救出隊を組織して島へ向かう。島に到着したオーウェンは、ずっと気に掛けていたヴェロキラプトルのブルーとの再会を果たす。しかしこの救出作戦の背後には、彼らの知らない恐るべき陰謀が隠されていたのだったが…。
【allcinemaonlineより】


冒頭、3年前のジュラシックワールドの惨劇により荒廃した島、そこで何かの調査をする部隊。

海に沈んだ恐竜の骨の一部を回収し、依頼主の元へ戻ろうとしたところを野生化した恐竜に襲われてしまう。

一方その頃、島の火山が活性化したことにより島に残された恐竜を保護するか絶滅させるか、世間では論争が飛び交っていた。

パークを運営していたクレア(前作のヒロイン)は、恐竜を守るために保護団体を運営、各方面に支援を募っていた。

そんな中、ジュラシックパーク(1作目)を建設したジョン・ハモンドのパートナー、ベンジャミンロックウッドから連絡が入る。

ベンジャミンの屋敷に赴くと、恐竜を保護できるだけの広大な土地を提供するとゆう話だった。

保護する恐竜は11種、そしてヴェロキラプトルの ”ブルー” も保護の対象となっていた。

”ブルー” を保護するのは、育ての親であるオーウェン(前作・今作の主人公)の協力が必要。

とゆうことで、クレアとオーウェンは再び島へと上陸することとなったのだが…。


ジュラシックシリーズ第5弾です。

冒頭では前作でも大きなインパクトを与えたモササウルスが登場、今回も冒頭からテンションアゲアゲな登場をしてくれます。


今回はすっかり荒れ果てたジュラシックワールドへ再上陸。

前作のあの建物や施設もすっかりボロボロ、草ボーボー。

恐竜もすっかり野生化してるし、繁殖もしてるし。

そんな恐竜たちをどうやって捕まえるのかと言えば、先発隊がすでに何体か捕まえてましたってゆう。

え~w

主人公たちは ”ブルー” 担当です。

いや…まぁ…いいけども。

捕獲作業中にどんどん活発化する火山、ついには島が…。

そんな燃え行く島に取り残されたブラキオサウルスが、名場面を見せてくれます、泣けます。


名場面と言えば、これまでのシリーズを思わせる、いわゆるオマージュ的なシーンがいくつか。

特に、ジュラシック1の名場面を思わせるシーンが多かったですね。

パラサウロロフスに追いかけられ丘を駆け降りるシーンや、ティラノサウルスが乗り物をのぞき込むシーンなど。

思わずニヤニヤw


前半は恐竜に追いかけられてパニック、後半は悪い奴に囚われて脱出映画に。

ネットでも観たいのはこうゆうのじゃないんだ…ってゆう意見が多かったけど、まぁ確かにw

個人的には前半はジュラシックシリーズだなって感じだけど、後半は恐竜置いてけぼり感がね…。


登場人物には、久しぶりの登場となるジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコム博士が!

1作目から実に25年も経ってるので、さすがに恐竜と絡むアクションは無理ってことでか、序盤と終盤にだけ恐竜保護か否かの委員会議会に意見を求められて登場するだけですが、それでもマルコム博士登場はテンション上がったね。

新しく何人かのメンバーが登場しますが、中でも一人の少女がなかなか重要な役どころで。

この子の出生の秘密がかなりの衝撃。


出演者は前作阿から引き続きのクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、久しぶりの登場のジェフ・ゴールドブラム、マッドサイエンティストに成り果てたB・D・ウォン、名優トビー・ジョーンズなどなど。

前作のキーマンが総登場ってのはいいね。


ラストの展開、あの流れは完全に次回作があるって期待してもいいんですよね!?


シリーズのオマージュシーンだったり、過去のキャラクターが登場したりと、シリーズ観てきた人はニヤリとする要素が多くて楽しめるかと。

逆に、1のような恐竜とのパニックシーンだけを楽しみにしてる人にはコレジャナイ感があるかもしれませんな。

1と2を合わせて割ったような内容ってのがわかりやすいかな?

個人的にはメチャ楽しめました、前作が面白かったねって人は楽しめるかと、オススメ。


ちなみに、スタッフロール終了後にもオマケ映像があるので、最後まで席を立たずにお楽しみください。

【 2018/07/21 13:59 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今回の映画 | ホーム | 交通安全協会???>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3150-99d4cac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |