FC2ブログ
今回の映画
今回は2本。



「22年目の告白-私が殺人犯です-」
1995年。東京で5人の命が奪われる連続殺人事件が発生、担当刑事・牧村の必死の捜査もむなしく、ついに事件は時効を迎えてしまう。すると突然、曾根崎雅人という男が自分が殺人犯だと名乗り出て、告白本の出版を大々的に発表する。メディアは曾根崎の大胆不敵な一挙手一投足を追い続け、瞬く間に本はベストセラーとなり、日本中に賛否渦巻くセンセーションを巻き起こす。遺族がそんな曾根崎に対して憎悪を剥き出しにする中、事件を追い続けてきたジャーナリストの仙堂が曾根崎を自身の番組に出演させるのだったが…。
【allcinemaONLINEより】

藤原竜也、伊藤英明のW主演で贈るサスペンス。
昔起こった殺人事件、その事件の時効が迎えられ、犯人を突き止めることができなかった。
それから22年後、突如その事件の犯人だと名乗る男が登場、告白本を出版し、メディアにもてはやされ、事件の関係者の憎悪を掻き立てるのだが…。
「カイジ」や「藁の楯」で、すっかりクズ野郎の役と言えばこの人となった藤原竜也、今作の予告編を見た限りでも事件関係者を煽りまくってるかなりのクズ野郎っぷり。
告白本を出版し、メディアに顔を出し、殺人者なのにソネ様ソネ様と祭り上げられる、これが現実でも今のメディアならこうなるだろうなと、妙なリアル感を感じましたね。
そんなクズ野郎がその後どうなっていくのか、誰かに殺されやしないかと夢中になっていると、物語中盤にして大きく話の方向が変わることに。
この転回な展開、まぁ驚いたし面白かったね!
おおお、そうなって行っちゃうの!?と一気にワクワクしたわ。
最終的にとある人物が追いつめられるわけだけど、最終的に真相が解明されて逆転劇となるわけだけど、なんか偶然すぎでは…?って思ってしまった。
原作は韓国の映画だそうで、あらすじ読んだ限りでは韓国でも時効ってあるんすね(今もあるのかな?)。
出演者は藤原竜也、伊藤英明、夏帆、仲村トオル、野村周平、岩松了などなど、ほかにもまだまだ豪華なメンバー。
メチャメチャ面白かったです、中盤からの怒涛の展開は凄い面白かった、サスペンス好きさんにはオススメ。
しかし、22年後て…年齢設定キツキツすぎひん?w



「銀魂(実写版)」
宇宙からやって来た天人(あまんと)が実権を握り、侍が衰退の一途を辿っていた江戸時代末期。便利屋“万事屋(よろずや)銀ちゃん”を営む坂田銀時は、かつては“白夜叉”と恐れられた元攘夷志士。今なお侍魂を内に秘めながらも、普段はダラダラとやる気のない日々を送っていた。そんなある日、かつての同志・桂小太郎が行方不明になったとの知らせに、志村新八、神楽とともに調査に乗り出した銀時。やがて事件の背後に、恐るべき陰謀を画策する高杉晋助の影が浮かび上がってくるのだったが…。
【allcinemaONLINEより】

小栗旬主演のSFコメディアクション。
週刊少年ジャンプで連載中の漫画の実写版。
数ある漫画の実写版で、近年稀な成功を収めた作品ですな。
江戸時代に宇宙人が飛来し、江戸の文化のまま近代化していったパラレルワールドを舞台に、万事屋を営む元侍(?)の坂田銀時があれこれと騒ぎを起こすお話。
原作の人気エピソード「紅桜篇」をベースにした内容で、序盤はお笑いオンパレード、中盤以降はシリアス展開となっております。
個人的には…原作はあまり好きではなく。
連載開始の頃は面白くて読んでたけど、紅桜篇とかが始まってシリアス展開になってからは、とんと読まなくなりましたな。
前にも何度か書いてますが、コメディ映画なら最後までコメディで通してほしいし、シリアス映画なら最初からシリアスで通してほしい。
1本で違うジャンルを両方取りってゆう映画とかお話はあんまり好きじゃないんで…。
あれですよ、ハタ皇子が登場してた頃は面白かったw
ま、それは良いとして、映画の方は序盤のコメディシーンは実写にすると若干寒い感じ…。
いやまぁ嫌いじゃないけどもw
中盤以降は、一応原作のストーリー通りっちゃーその通りかな。
アクションシーンが意外に頑張ってて、ラストの殺陣は見入っちゃいましたね。
原作はイマイチだけど、映画の方は結構楽しめました。
中盤以降もちょいちょいお笑い挟んでくるし、何より笑いのネタが結構ヤバ目。
「風の谷のナウ〇カ」ネタとか各種方面が怒りそうでヤバいでしょww
出演者は小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、岡田将生、中村勘九郎、堂本剛などなど、ほかにも今では主演を張るようなメンバーが続々登場。
予想に反して面白かったです、なるほどこれは続編出来るわ、原作ファンならずとも、コメディ寄りのアクション好きな方にオススメ。
【 2018/07/23 14:04 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<クリアしました、「ファークライプライマル」 | ホーム | ジュラシック・ワールド/炎の王国>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3149-a1da90ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |