FC2ブログ
今回の映画
今回は1本。


「キャプテン・フィリップス」
2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。そして彼らを救うため、自らは単身で人質となり、海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移り、アラバマ号を後にする。やがて事件の一報を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、フィリップス船長の救出作戦を開始するが…。
【allcinemaONLINEより】

トム・ハンクス主演のノンフィクションサスペンス。
2009年にソマリア沖で実際に起きたシージャック事件を映画化したもの。
ケニアに物資を運ぶアメリカ籍の貨物船がソマリアの海賊によりシージャックされる。
海賊との交渉により船と乗組員は解放されるが、船長だけを人質に救命艇でソマリアに帰ろうとする海賊、しかし、救難信号により駆け付けた海軍により、救助作戦がとられることとなるのだが…。
ノンフィクション作品とゆうことで、ヒーローが活躍するような、はたまた乗組員の団結で海賊を圧倒するような、そんな展開はありません。
ただ、ノンフィクションならではの緊迫感は凄いね。
救出作戦中、海賊の出方を観察する時間があるわけだけど、その時間に船長が救命艇から一時的に脱出する場面がある。
海軍は救命艇から海に落ちた人間が誰なのか判断できずに救出できなかったわけだけど、しっかりカメラから目を離さなければ誰が落ちたかすぐにわかるはずなのに…。
とゆう、ちょっと「?」と思う場面もあったりしますが。
ラストで船長が救出された後が印象的、自分の命が助かったうれし泣き…ではない感情が伝わって、何とも複雑な心境になる結末。
出演者はトム・ハンクス、以外は知らない人ばかり。
面白かったです、死と隣り合わせの緊迫感・緊張感が物凄い、サスペンス好きな方にオススメ。
【 2018/07/09 14:00 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<交通安全協会??? | ホーム | 急な充実>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3147-4d07eb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |