FC2ブログ
デッドプール2
観て来てました 「デッドプール2」、6月1日にね。

ではいつものように劇場予告編から…ってもうほぼ忘れたので今回も本編へw

「ハンソロ」 とか 「スカイスクレーパー」 とか 「くまのプーさん(実写)」 とかやってたな…、まぁいいか。


愛しのヴァネッサを取り戻し、平穏な日々を送るデッドプールことウェイド・ウィルソン。ある日、機械と生物の融合体である超人ケーブルが未来からやってくる。彼の狙いはミュータントの孤児院に暮らす少年ラッセル。最初は乗り気じゃなかったウェイドだが、ヴァネッサに背中を押されて正義のヒーローとなりラッセルを守ることに。しかし一人では太刀打ちできないと悟ったウェイドは、新聞広告で超人たちを募集しチーム“Xフォース”の結成に乗り出すのだったが…。
【allcinemaonlineより】


冒頭、家の中に置かれたいくつもの燃料タンク、その上に寝そべるデッドプール。

回想へ突入、前作のその後のデッドプールは正義(?)の為に世界各地の悪人を殺しまくっていた。

しかしとある日、恋人と暮らすアパートでのんびりしていたところへ殺し屋集団が突入。

どうにか撃退するデップーだったが、流れ弾が恋人に命中、絶命してしまう。

で、現実に戻るわけだが、そんな恋人の死に悲観して爆破自殺しようとするのだが…。


OPが始まるわけですが、前作同様スタッフクレジットの文字でお遊び満載、とゆうか文句言いまくりw

OP映像はどう見ても 「007」 のパクリだし、最終的には 「フラッシュダンス」 のパクリとか出してくるしで、OPからめっちゃ笑えたw

相変わらず映画ネタが満載の作りになってます。


OPと言えば、OP前の冒頭部分では 「ローガン(2017)」 をいじってますな。

ローガン、おもちゃになってるしw


爆破自殺の後、デップーの能力は不死身ですからね、まぁ死ねないわけですが、目覚めた場所はなんと 「X-MEN」 の ”恵まれし子らの学園” !

思いっきり 「X-MEN」 と繋げちゃったよオイw

前作でコロッサスが登場してるので 「X-MEN」 と繋がってるってのは承知してましたが、それでもなんとなーく 「X-MEN」 とは別世界なのかもなーとも思ってたんですけどね。

そんな ”恵まれし子らの学園” でも好き放題しちゃうデップー、プロフェッサーXの能力増幅装置 ”セレブロ” ノヘッドセットを被っちゃったり、あの車椅子を乗り回したり。

シリアスな 「X-MEN」 作品を小馬鹿にしまくりで笑いが止まらんw


おもしろ場面としては、前作でも批判してたヒーロー着地が今作でも登場ww

今回も文句ぶつぶつww


なんだかんだとあり、新しい仲間を募集しだすデップー。

役に立つかどうかはわからないけど、様々な能力を持った者たちが集まることに。

注目はやっぱり超運の良い女性 ”ドミノ”。

この娘、本当に運が良い。

吹っ飛んでくる車がスレスレで当たらなかったりなどなど。

運が良いだけではなく、戦闘能力も普通に高くて動きもカッコイイとゆう、そりゃ人気出るわw


”ドミノ” も注目キャラクターだけど、個人的にはヒーロー募集でやってきた透明人間が良かったね。

透明人間とゆう能力だけど、話しかけても全く反応無いし、装備品が椅子の上に置かれてるだけだし、本当に透明人間? 居る? ってゆうのが面白かったなー。


もう一人の重要キャラクター ”ケーブル”。

未来からやって来た男で、デップーが出会ったミュータントの少年を狙う者。

あれ、この設定は…ターミ…もごもご。。。


新しい登場キャラクターとして、前作でコロッサスと一緒に登場したミュータント女子の ”ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド”。

彼女の彼女として(彼では無い) ”ユキオ” とゆう女の子が登場。

この ”ユキオ”、演じるのは日本の女優 ”忽那汐里” さん。

メチャくそカワイイんだが、 ”忽那汐里” さんってこんなにカワイかったっけ??

昔、名探偵コナンの実写ドラマで、蘭ねーちゃん演じてたな…。

デップーに はぁ~い くらいしか言わない超脇役の ”ユキオ” もミュータントで、そんな返事するくらいのキャラクターかなとか思ってたら終盤でちょっと戦いますね。

無事生き残ったので、次回作があるならまた登場したりするのかな?


コメディ満載で作られてる映画ですが、全体的には妙にしっとりしたとゆうか、しんみりするシーンが多かったなーとゆう印象。

なので、個人的には途中で若干飽きがくる時間帯があったなーと。

ただ、そんな感じもぶっ飛ぶような事件解決後の展開が凄すぎて…。

事件解決後、映画界と主演のライアン・レイノルズを心配してしまうようなシーンの数々が!!

いいのか!? そんなことしていいのか!?!? DCコミックに怒られないか!?!?!

ってゆうシーンがバンバン流れますww

最後の最後にやってくれるぜデップーw


15禁とゆうことで、下ネタ満載だったりしますが、グロ映像も若干あり。

デップーさんが真っ二つに千切れるシーンは、デップーが内蔵引きずりながら這ったりするので、グロ苦手な方はご注意を。


いやはや面白かった、前作が面白かったって人は問題なく楽しめるはずなので、デップーだけじゃなく 「X-MEN」シリーズが
好きな方にもバッチリオススメ。

【 2018/07/02 14:03 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<急な充実 | ホーム | 困ったことに>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3144-567475b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |