FC2ブログ
今回の映画
今回は1本。


「スノーデン」
9.11同時多発テロに衝撃を受けた青年エドワード・スノーデンは、国家の役に立ちたいと2004年に軍への入隊を志願する。しかし過酷な訓練で足を負傷し、除隊を余儀なくされる。その後CIAの採用試験に合格した彼は、コンピュータの知識を高く買われ、指導教官コービン・オブライアンからも一目置かれる存在に。一方プライベートでは、SNSで知り合ったリンゼイ・ミルズと愛を育んでいく。そんな中、ジュネーヴにあるアメリカの国連代表部に派遣された彼は、やがてNSAの極秘検索システムの存在と、それを使った情報収集の驚愕の実態を目の当たりにしていくのだったが…。
【allcinemaONLINEより】

米国最大の機密を世界的に暴露した事件の映画化、ノンフィクションドラマ、サスペン…ス?
何年か前にCIAの人が機密情報を世界的に暴露してどうだこうだと話題になったあの事件、その機密を暴露した当事者の行動を映画化したもの。
米国の国家安全保障局(NSA)がプリズムとゆう機密システムを使って、あらゆるネット情報を傍受するのはもちろん、あらゆるSNS(ツイッターやらフェイスブックやら)、鍵付きのアカウントまでも傍受できる。
国家の安全予防の名目で個人のプライベートまで覗き見できるシステムに疑問・危機感を抱いたスノーデンは、これらの国家機密を暴露しシステムを止めようとします。
スノーデンがCIAに入局し、NSAへ移り、機密を盗み出すまでの生活と、機密情報を大手新聞社の協力のもと世界に暴露するまでのやりとりが語られます。
この危なっかしいシステムが、日本でも運用されそうになっていたことも語られていてなかなかのオドロキ。
最終的に、オバマ大統領が大量データ収集を停止し、違法データ収集に違法判決が出され、NSAの行動にはある程度の制限がかけられることになるんですが、では実際に大量情報収集が今現在制限されているかどうかはわからない。
政府の発表がどこまで真実なのかは機密であるがゆえに確かめようが無いですからね。
出演者は、「ザ・ウォーク」で驚異の綱渡りを魅せたジョセフ・ゴードン=レヴィット、「ダイバージェント」シリーズで主人公の女戦士を演じたシェイリーン・ウッドリー、ニコラス・ケイジ他。
映画の内容に驚きつつ観てたら、最後の最後でスノーデン本人が登場してさらに驚いたっすね。
面白かった、社会派ドラマ好きな方はもちろん、当時の事件への興味や、ハッキングの恐怖とかにも興味ある方は楽しめるかと、オススメ。
【 2018/05/21 14:03 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー | ホーム | 今回の映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3137-b0bf3cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |