今週の映画(12月3日まで)
今週は2本。


「ミリオンダラーベイビー」
ロサンジェルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーは彼のもとを去ってしまう。そんなある日、31歳になる女性マギーがジムの門を叩き、フランキーに弟子入りを志願する。13歳の時からウェイトレスで生計を立てるなど不遇の人生を送ってきた彼女は、唯一誇れるボクシングの才能に最後の望みを託したのだった。ところが、そんなマギーの必死な思いにも、頑固なフランキーは、“女性ボクサーは取らない”のひと言ですげなく追い返してしまう。それでも諦めずジムに通い、ひとり黙々と練習を続けるマギー。フランキーの唯一の親友スクラップはそんなマギーの素質と根性を見抜き、目をかける。やがてマギーの執念が勝ち、フランキーはついにトレーナーを引き受けるのだが…。
【allcinemaONLINEより】

クリント・イーストウッド監督主演によるボクシングドラマ、2004年のアカデミー賞作品賞を受賞した名作。
10年位前に1度観てたんだけど、テレビ放送されて久しぶりに観ましたよ。
ブログで感想書いてなかったんで改めて書きましょう。
小さなボクシングジムを経営する主人公、これまで様々な優秀なボクサーを育ててきた彼の元に、30歳を過ぎた女性が指導を請いにやってくる。
女性ボクサーは取らないと頑なに断ってきた主人公だが、彼女の熱意に負けて指導することに。
貧乏生活を続ける彼女、唯一の希望はボクシングでチャンピオンになることとしてトレーニングを続けその才能を開花、やがて多くの試合で勝ち上がっていくのだが…。
この映画、かなりの人がもう観たと思われますので、今回はネタバレ気味で感想書き。
序盤は主人公と女性との出会いからトレーナー契約するまでのイザコザからボクサーとして育っていくまでのトレーニング風景。
ボクサーのトレーニングとか細かいところは正直わからないけど、ボクサーとしての基礎的な動きや精神面なんかの指導がリアルで面白く感心します。
中盤は数々の試合と、彼女の生い立ちについてが語られます。
彼女の育った家庭がなかなかにヒドイ、グータラな母親は生活保護を受け取り続けるためにウソの申請したり、妹はチンピラのようなダンナと悪そうな感じだし。
ボクシングで成功していく彼女に対しても、文句言いまくった挙句、家族とゆうより ”金の生る木” としか見てないし。
そんな不遇な状況でも、みんなが悪いんじゃなく自分が悪いんだと努力し続ける彼女に涙が出ます。
終盤は、ボクシングの試合での相手の反則行為で全身麻痺状態になってしまう彼女。
チャンピオンにもなった、家族に家も買ってあげられた、願っていたことは全て叶ったからもう死なせてほしいと主人公に懇願し続ける彼女。
もう泣かずには観られませんよ…。
ラストでは主人公が、彼女の願いを受け入れるのかどうか…それはまぁ映画を観てもらうってことで。
出演者はクリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンなど。
「ワールドトレードセンター」でニコラス・ケイジの相棒を演じたマイケル・ペーニャや、「アベンジャーズ」シリーズでファルコンを演じるアンソニー・マッキーなど、今では名優と呼ばれるようになった人達も登場しています。
10何年ぶりで観たけどまぁ~~~~~泣いた泣いた!!
特に終盤の展開はあまりにも残酷でかわいそうすぎて、死なせてとお願いされても観てるこっちもどうゆう結果にしたらいいのか困惑するほど。
とにかく感動の名作です、ちょっと古い作品ではありますが、まだ観てない方は是非に!
映画の中で最新の機器とか最新の文化とかが登場するわけではないので、それほど古臭さは感じないと思います。
超オススメ!
ま、観終わった後、かなり鬱になる内容ですけどもw


「高慢と偏見とゾンビ」
18世紀末、イギリス。謎のウイルスが蔓延し、増殖したゾンビが次々と人々を襲っていた時代。片田舎に暮らすベネット家の5人姉妹は、幸せな結婚に憧れながらも、カンフーや剣術の訓練に励み、ゾンビと戦う日々を送っていた。そんなある日、近所に資産家のビングリーが引っ越してきて、さっそく舞踏会が開かれることに。思いがけない殿方たちとの出会いのチャンスに胸をときめかせる姉妹たちだったが、次女のエリザベスは、ビングリーの友人ダーシーの高慢な態度に反感を抱いてしまう。以来、ことあるごとにダーシーに反発してしまうエリザベスだったが…。
【allcinemaONLINEより】

イギリスを舞台にしているけどアメリカ産のアクションホラーロマンス…コメディ?
18世紀のイギリスでゾンビ菌が蔓延、ゾンビがその辺をうろつくのが日常となった世界でステキな男性との幸せな結婚を夢見る5人の姉妹。
そんな中、ゾンビを殲滅する軍の貴族と出会い、好きなんだけど反発してしまう、そんな二人の恋物語の結末は…?
題名にゾンビって付いてるから、それなりにホラーでアクション満載な内容を期待したわけですが、中身は若草物語にゾンビ要素を加えましたって感じ。
しかも設定は、ゾンビから街を守るために高い壁を築いて囲んだって…思いっきり「進撃の巨人」じゃーん。
高い壁で囲った割にはあちこちにゾンビが現れるってゆうね。
娯楽が無いので、中国や日本に武術留学をするのが流行っているとゆう設定なので、登場するほとんどの人々がカラテだったり少林寺を使えるとゆうぶっ飛び設定w
そこまでアクション寄りな設定なのに、メインストーリーはラブロマンスなので、なんとも話がマッタリとしてるとゆうか…。
アクションシーンは結構カッコイイんだけど、なかなかアクションシーンが無くてねぇ。
ストーリー的には、タイトル通りに高慢と偏見により、魅かれあってるのに相手を認められず反発してしまうラブストーリーなので、観てるこっちはヤキモキ。
なかなか恋の進展はしないし、なかなか期待してたアクションシーンは出てこないしで、眠くなっちゃって。
終盤は、ゾンビを使ってロンドンを落とそうとする者たちとの戦争で、一気に作風が変化。
ま、それでも一応ラブロマンスなのでね、最終的には王道な終わり方しますよ、はいはい。
出演者は「実写版シンデレラ」でシンデレラを演じたリリー・ジェームズほか、まだあまり名前の売れてないドラマ俳優や若手俳優ばかり。
個人的にはビミョーでしたね、ホラーアクションを期待してたので肩透かしはハンパ無かった。
ただ、お金はそれなりに掛かってる豪華な作品なので、ゾンビモノ初心者さんとか、「トワイライトサーガ」シリーズが好きな人にはオススメかな?
【 2017/12/04 14:04 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<イオンのたこ焼き機 | ホーム | 12月のドラクエ10目標>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3109-080ac3a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |