FC2ブログ
トランスフォーマー/最後の騎士王
観てきました 「トランスフォーマー/最後の騎士王」。

予算の都合で 「スパイダーマン」 はパンフだけ買ってきました。

ではいつものように劇場予告編からチェック。


「アトミックブロンド」
シャーリーズ・セロン主演のスパイアクション。
潜入・脱出・接近戦のプロである主人公がミッションを遂行する映画。
予告編観る限りでは、女性版「ミッションインポッシブル」な感じ…とゆうより「ニキータ」っぽいかな?
アクションもなかなか魅かれるものがあるし、主人公は冷徹な人間じゃなくユーモアを持ち合わせてるのも好感が持てる。
あと「マミー」でミイラ女を演じたソフィア・ブテラちゃんも出てるし、ちょっと気になる映画。
「ミッションイン~」ぽいけど、あの映画のように続編が作られるなら観たい映画。


「ダンケルク」
第二次世界大戦中、ダンケルク港でドイツ軍に包囲されたイギリス・フランス連合軍の戦いを描いた戦争映画。
迫力とは凄いんだけど、戦争映画には興味ないんだよなー。
史実を基にした映画なので、その手のモノが好きな方は観たい映画なんじゃないかな。


「ブレードランナー 2049」
あのブレードランナーの続編。
主人公を演じるのは「ララランド」のライアン・ゴズリンズ、ハリソン・フォードも出演しております。
近未来の話ですが、ストーリーがよくわからん。
とゆうのも実はワタクシ、映画好きなら必ず観てる1本でもある「ブレードランナー」を観てないんですよねw
予告映像でも全然ストーリーに触れてくれないので、今のところほぼ興味なし。
10月公開だからそれまでに前作を観てみようかな。


「ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ジャングル」
あのジュマンジの続編。
だい1作と同じようにゲームの中へ入り込んでしまい、大冒険を繰り広げるわけですが、今作のゲームはテレビゲーム。
そして今回は、プレイヤーはティーンエイジャーですが、ゲームに入るとゲーム内のキャラクターに姿が変化、その一人がドウェイン・ジョンソンだからアクションとしては期待値上がる上がる。
現実ではヒョロヒョロのゲーム少年が、ゲーム内ではムキムキのドウェイン・ジョンソンに。
そうかと思えば現実ではセクシー女子が、ゲーム内では小太りのジャック・ブラックになっちゃうってゆうお約束な笑いも。
面白そうだよ、観たいねこれは。


「ボン・ボヤージュ/家族旅行は大暴走」
フランス産のコメディ。
最新鋭の車を購入した家族、もうすぐ子供が生まれるので、その前にちょっとした旅行に行こうと車で出発。
しかし、車のコンピューターが故障、アクセルもブレーキも利かなくなり、高速道路を大爆走!
車を止めるために警察やらなんやらが助けてくれるんだけどことごとく失敗、何が面白いって大爆走中の車内で繰り広げられる辛辣な会話がヤバイねw
主人公であるお父さんがロバート・ダウニーJrに似てるけど違う人、フランスの俳優さんです。
これ観たい!なかなかコメディって映画館まで観に行かないけど、これは映画館で大爆笑したいぞ!!


「ボス・ベイビー」
ドリームワークスによるCGアニメ作品。
大人の前では普通の赤ちゃん、大人が居なくなると態度のデカいボスのような本性を見せる赤ちゃんのコメディ。
そんな赤ちゃんがお兄ちゃんと大冒険を繰り広げる内容らしい。
確実に面白いだろうけど、まぁ映画館で観なくてもいいかな。


「新感染/ファイナルエクスプレス」
韓国産のゾンビ映画。
新幹線に乗ったら後部車両にゾンビ菌に感染してた人がいて新幹線内がパニック!
列車を止めたらこんどは駅にゾンビが蔓延しててパニック!
このまま新幹線に乗って逃げるしかねぇ!と思ったらもうすぐ終着駅でヤバイ!
と、移動する密室パニックになっております。
韓国産のゾンビものって、大丈夫なのー?とか思われそうですが、予告編でのカメラワークとかかなりいい感じに期待させてくれるモノになってます。
ゲーム開発の小島監督も待ちわびた作品と超期待している。
韓国映画ってなかなか映画館まで行って観たいと思うことはなかったけど、これは観たいぞ!


では本編開始。

地球に秘められたエネルギーを求めて、トランスフォーマーの故郷サイバトロン星が地球に急接近し、衝突まであと12時間と迫っていた。しかも人類の守護神オプティマス・プライムまでもが敵側に堕ち、人類は絶体絶命の危機を迎える。そんな中、オートボットの新たなリーダー、バンブルビー、遥かな昔から秘かに地球で活動していたトランスフォーマーの秘密を守り続けていた謎の英国紳士バートン卿、オックスフォード大学の教授ヴィヴィアンらとともに、地球の運命をかけた戦いに身を投じていくケイドだったが…。
【allcinemaONLINEより】



冒頭、中世ヨーロッパ、円卓の騎士の戦い、敵軍に圧倒される騎士たちの切り札として、魔術師マーリンの魔術を待つ。

その頃インチキ魔法使いマーリンはトランスフォーマーと接触、三つ首の竜型トランスフォーマーを使役する杖を授かり、戦局を巻き返すことに成功する。

杖はマーリンの遺体と共に永い眠りにつき、それから1000年以上の時が流れ…。

オプティマスが宇宙に旅立ってからしばらくの時が過ぎ、地球には数多くのトランスフォーマーが飛来、彼らは戦いで破壊された街にひっそりと隠れ住むことに。

そんな彼らのすべてを侵略者として排除を目的とした組織、TRF(Transformer Reaction Force)が結成され、主人公ケイド(マーク・ウォールバーグ)はトランスフォーマーを守るべく戦いを繰り広げていた。


冒頭からなんだこれ?感がスゴイ今作。

今回の作品は、トランスフォーマーは大昔から地球に潜んでいて、大きな歴史の改変時に関係を持っていた…とゆう設定になっちゃってまして。

今回のキモとなるのは、なぜトランスフォーマーたちは地球にやって来るのか、とゆうのを解明していく物語になっています。


これまでのシリーズ作品との関連性を示す多くのネタが散りばめられていますが、中でも第1作目との関連性を重点的に含んでいます。

物語が進んで行くと、バンブルビーも長い地球の歴史の一部に介入していることが語られますが、あれ?バンブルビーって1作目で地球に来たんじゃなかったっけ?と思う人も多いはず。

しかし、1作目を観返してみるとバンブルビーが地球に飛来するシーンは無く、オプティマス達が地球に飛来するのを先導するために、先に地球に飛来していた設定になっています。

だーーーーーいぶ前から地球に居たんすね。

なーるほど。

また、1~3作目で主人公の家系として描かれた ”ウィトウィッキー家” も歴史に大きく関わってたりします。

まぁ、1~3作の主人公を演じたシャイア・ラブーフは出てこないんですけども。


ストーリー展開はかなりのスピード。

いろんな要素を詰め込みたかったのはわかるけど、思わず

 ”え!?なんで!?”

とか

 ”え!?それでいいのかよ!?”

と突っ込みたくなる無理やり展開がいくつかありまして。

あまりにも無理やりすぎる展開が多すぎて、終盤辺りではちょっと興ざめしちゃってました…。


前作で一時的にサイバトロン星へと向かったオプティマス、地球にはオプティマスが居ないので、今作ではほかのトランスフォーマー達が活躍する場面が多くあります。

中でも主役級キャラでもあるバンブルビーは、バトルの中心キャラであり、本作はバンブルビー物語か?と言うほど活躍シーンが多いです。

ただ、今作でのバンブルビーの新機能は…そりゃズルくね?と言わざるを得ない新機能。

そんな機能、無敵じゃん…。

そのほかには、

 ・ ドリフト(侍型)
 ・ ハウンド(重火器装備型)
 ・ クロスヘアーズ(緑の2丁拳銃型)
 ・ ホットロッド(エネルギーフィールド発射型)
 ・ コグマン(執事ロボ)
 ・ ブルドッグ(旧戦車型)

などなど、今までのシリーズの中で一番多いオートボット達が登場します。

…ま、ほぼ変形しなかったり、ワンショットだけだったりするんですけどね。

恐竜型のダイノボットも登場しますが、恐竜型ロボってだけで変形はしない設定なんすね、残念。


トランスフォーマーシリーズの主役と言えばオプティマスプライム。

本作ではほぼほぼ出番が無いです。

全体の…5%くらいかな、出番は。

シリーズを重ねるごとにデザインの変わっていくオプティマスですが、本作ではもうコンボイトラックの面影は無く…。

トラックに変形はするんですけど、残念なことに変形シーンは無いんですよ!

なんてこった!!


アクション・バトルシーンは物凄い!

激強なオプティマスの攻撃が無い分、一撃で倒れる・倒されることのないバトルが展開されるので、バトルのバリエーションが豊富で楽しい。

戦闘機でのバトルシーンも大迫力。

人物アクションもかなりのスタントアクション、アクションシーンの繋ぎに疑問の残る場所もありますがw


キャストは前作から引き続きマーク・ウォールバーグ、新キャラとしてアンソニー・ホプキンス、1作目から皆勤賞のジョシュ・ディアメル(軍人さん)、1~3作目でちょっと変な秘密捜査官シモンズを演じたジョン・タトゥーロが本作で復活。


シリーズ最終章ってことで本作でいよいよ実写版トランスフォーマーも終わりかと思ったら、バリバリ続編ありますよ!的な展開に。

10年で5作品目、まだ続くのか…。


エンドロール後に映像が用意されてませんので、エンドロールが始まったらお帰りいただいても大丈夫です。


パンフレットは割と薄め、できれば主要となるオートボット達の紹介ページとか、これまでのシリーズのまとめとか掲載して欲しかったな。


個人的にはまぁまぁとゆう感じでした。

面白かったけど、個人的には今一つって感じ。

いろいろ詰め込み過ぎて、かなりの粗が目立った印象、ネットでの評価もあまりよくないですしねぇ。

これまでのシリーズ観てきた人には一応オススメってことで。

これから観る人で、「トランスフォーマー」 と 「スパイダーマン」 どっちにしようかなーって人は、「スパイダーマン」 の方がいいと思いますよ(´・ω・`)

ま、ふぁみさんは 「スパイダーマン」 観てないですけどもw

【 2017/08/17 14:05 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今週の映画(8月20日まで) | ホーム | 今週の映画(8月13日まで)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3066-dda5e795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |