FC2ブログ
おつかれりっきー
どうも、「ドラクエ11」 たーのすぃ~!、ふぁみこんです。

ネットではすでにクリアしたとゆう報告がチラホラしてますが、ふぁみさん的には今月中にクリアできるのかな!?



絶賛サービス中の 「ドラゴンクエストX(10)」。

バージョン4の追加ディスクが11月に発売が決まり、現在稼働中のバージョン3がもうすぐ終わりを迎える。

そのタイミングで、バージョン2と3のディレクターを務めていた ”齋藤力” こと ”りっきー” がディレクターを降りることとなった。

バージョン2の頃にバージョン4のロードマップを書き始めた時に途中で書けなくなったと。

しばらくしても症状が変わらず書けないままで、上司スタッフに相談してディレクターをバトンタッチすることにしたそうだ。

”堀井雄二” さんからはプロジェクトに残らないの?と聞かれたそうだが、プロジェクトに残ると開発スタッフが ”りっきー” に相談しにくることが予想されるため、そうなるとプロジェクトから降りたことにならなくなるので、スッパリとプロジェクトからも去るようで。


まぁね、確かに 「ドラゴンクエスト」 とゆうビッグタイトルとゆうこともあるし、オンラインゲームだとネット社会の現代ではゲームの批判もダイレクトに帰って来るしで、ストレスは半端無いでしょうな。

さらに、ネット番組とかにも出てるんで、数多くのスタッフのトップとして叩かれるのも過度なストレスになるんでしょうな。


ゲームディレクターとゆう仕事は、作品のネタ出し(イベント製作)・演出・編集・それらをまとめる立場にある。

映画で言うところの ”監督” ですな。

なので、ゲーム作品そのものの面白さはディレクターの能力とゆうか、アイデアとネタ出しに掛かっている。

もちろんディレクター以外のスタッフのアイデアも取り入れてゲームは出来上がるけど、集まったアイデアに対してゴーサインを出すのはディレクター。

このディレクター、遊び心がある人の方がいろんなアイデアを出すし、柔軟な思考で面白いものを生み出すことができる。

逆に、真面目で、合理的な思考のディレクターであれば、面白くない…とは言わないが、比較的そうゆう人は推理アドベンチャーとかに向いてるんじゃないかな。

”りっきー” は真面目な人だったので、バージョン2以降の 「DQX」 は厳しく言ってしまうと比較的遊び心が無いゲームになってた気がする。

オンラインゲームだからとゆうことで、

多数のプレイヤーが力を合わせて強敵を倒す

とゆうコンテンツが多く、逆に昔からの ”シナリオを楽しみたい” シリーズファンからは批判が多かった。

結果として、バトルガチ勢が増えたのもこの辺りからとゆう感じ。

しかし強敵コンテンツに参加するには、各プレイヤーが中途半端な能力ではほかのプレイヤーに迷惑が掛かってしまうとゆう心理が働きやすい。

今度はそれを解消するために合理的なディレクターが取った采配は、すばやく同じ土俵に上がるために短期間でレベルを上げられるようにするとゆうもの。

もちろん、なかなかゲームに時間を割けない社会人などには助かる配慮でした。

個人的に ”りっきー” の功績はこの 「レベル上げやすくなった」 が大きいかな~。

元々レベル上げみたいなチマチマした作業が好きなふぁみさんだけど、この仕様によりさらにレベル上げが楽しくなったし。

いろいろ不満はあったけど、やっぱり辞めるとなるとなんか物悲しいもんですねぇ。

ま、スクエニを辞めるわけじゃないしね、今後もバージョン1のディレクター・藤澤さんみたいに時々ネット番組に顔出すんじゃないかな。


なんにせよ、”りっきー” 約4年間、おつかれさまでした。



左から、3DS版、windows版、WiiU版


NintendoSwitch版、PS4版
【 2017/08/09 14:02 】

ドラゴンクエスト10 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<連休スタート | ホーム | 今週の映画(8月6日まで)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3062-e1847d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |