FC2ブログ
今週の映画(7月23日まで)
今週は2本。


「二ツ星の料理人」
パリの一流レストランでミシュランの二ツ星を獲得した伝説のシェフ、アダム。腕は確かだが私生活に難ありで、ついには突然姿を消して店を潰してしまう。3年後、死んだと思われたアダムがひょっこり姿を現わし、かつて散々迷惑をかけたオーナー親子に自分をシェフとして雇うよう迫る。当然最初は拒絶されるも、少々強引な策を巡らし、まんまとロンドンの新レストランでシェフの座を手にする。さっそくパリ時代の同僚や才能溢れる料理人たちをスカウトし、三ツ星目指して念願のレストランをオープンさせるアダムだったが…。
【allcinemaONLINEより】

「アメリカンスナイパー」のブラッドリー・クーパー主演の料理ドラマ映画。
主人公は過去に二ツ星を獲得したアウトローなシェフ、とある失敗から店を潰してしまうがそれから3年後、自分に課した罰を無事にこなしシェフとして返り咲くことに。
で、昔世話になったオーナー…の息子に自分を雇わせ、3ツ星を狙うために強引な手段で優秀な料理人をスカウトし、ついに店をオープンするのだが…。
いろいろな料理映画を観てきましたが、これこそがワタクシが求めていた料理映画!
主人公シェフが、厨房の料理人たちを怒鳴り散らして完璧な仕事を求める、このギスギスした感じの厨房の雰囲気がたまらなく好き。
もちろん自分がこの中に居ると思うと、絶対的に嫌ですけどもwww
展開的には王道中の王道、王道過ぎて先の読める展開ではありますが、逆に清々しいほどに予想通りの展開。
そうは言ってもサスペンスとか謎解き映画ではないので、先が読めても特に気にしない。
腕が良いとは言え無理やりスカウトされたメンバーなので、チームワークはボロボロ。
それが徐々に息が合い始め、未熟だったメンバーが最終的には主人公の代わりを務めるまでに成長してたり。
わかる人がいるかどうかですけど、昔のドラマで「王様のレストラン」とゆうドラマがありまして、あのドラマのコメディ部分を無くしたような感じの映画です。
映画のほとんどは主人公のスーパー自己中完璧主義によるパワハラ映画ですが、最後の最後でスッキリする展開。
個人的には、とある少女に主人公がケーキを作ってくれたシーンがホッコリできてよかったっすね。
料理はいろいろ出て来るんですが、フランス料理の盛り付けは正直いまだに意味不明。
皿にちょぴっとだけ載せて周りをソースで飾る、仕上げにリーフを載せて…いやいや角度が美しくない、とかわけわからんw
料理とゆうより芸術なんですよね、うん。
面白かったです、期待通りの映画でした、料理映画好き、または本当に料理人さんな方にオススメ。


「JUKAI-樹海-」
アメリカで暮らすサラは、日本で教師として働く双子の妹ジェスが失踪したとの連絡を受ける。ジェスは、富士山麓にある青木ヶ原樹海に入り、行方がわからなくなったという。サラは、妹を捜すために青木ヶ原まで辿り着く。そんな中、日本を訪れていたオーストラリア人の記者エイデンと出会う。彼は、取材のために日本人のガイドを連れて樹海に行くという。サラは、エイデンに同行させてもらい、樹海に足を踏み入れるのだった…。
【Amazon.co.jpより】

ホラー。
双子の妹が日本の青木ヶ原樹海で行方不明になったんで、お姉ちゃんが探しに来たよ!
んで樹海で死体やらオバケやら不穏な動きを見せる男やらにお姉ちゃんがワー!キャー!する映画。
ドラゴンクエストXの初心者大使を務める兼田いぶきちゃんが出演してるってんでレンタルしてみましたが、販売があのB級映画なら内容なんて気にしない!何でも日本に持ってきちゃうぜ!でお馴染みのアルバトロス企画で期待はゼロに。
がしかし、以外にも小澤征悦さんが出ててちょっと期待は回復w
序盤で妹を探しに日本へやってきた主人公のお姉ちゃん、妹さんは高校の教師をやっていたってことで、妹が在任していた高校へ。
で、許可を取ったか取らずか、一人で授業中の教室へ侵入。
ものすごい違和感、高校のセキュリティは如何に!?w
教室へ入ってきた主人公を見たJKのいぶきちゃんが突然絶叫、行方不明になった英語教師(妹ちゃん)とそっくりだったので驚いたそうだが、それにしたって渾身の絶叫するとかどうなのw
しかしいぶきちゃん、顔パンッパンだなww
前半は青木ヶ原へ入るまでの準備で、樹海で見つかった妹と思われる遺体との対面とか、面白がって取材を申し込んでくる男との出会いとか、おいしい料理を堪能したりとか。
B級映画なので、どうでもいい会話が繰り広げられる前半ですが、かなり間違った日本の文化が見られるのでこれはこれで面白い。
生きたままのエビの寿司とか日本人でも嫌だわw
実際に日本の街中を映したロケシーンとかもあるので、かなりお金は掛かってるっぽいです。
青木ヶ原へは中盤から侵入、ここからがこの映画の本番、ようやく面白くなります。
死体を見つけちゃったり、謎の少女が出てきたり、幽霊らしきものを見ちゃったり。
テイスト的にはビックリ系のホラーで、怖いとゆうより驚くシーンがメイン。
思ったよりは面白かったですが、あくまでB級映画なので観ようかなーとゆう方は過度な期待はせぬように。
ドラクエ10ユーザーはいぶきちゃんを見る目的でもいいかもね、なかなかの過剰演技で失礼ながら笑っちゃった…テヘ。
【 2017/07/24 14:02 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ついにエアコン!!(購入編) | ホーム | 気持ち悪いアレンジ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamenewstoday.blog115.fc2.com/tb.php/3055-bc4cab27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |