FC2ブログ
今回の映画
今回は1本。


「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」
地球の植民惑星となった火星。平和なこの星で、かつての対バグ戦争の英雄ジョニー・リコは、“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵たちの訓練に当たっていた。そんなある日、この火星にいるはずのないバグの群れが突如現われる。火星を守るため、“はぐれ小隊”を率いてバグに立ち向かっていくリコだったが…。
【allcinemaONLINEより】

SFアクションシリーズ最新作第6弾、CGアニメ。
バグと呼ばれる宇宙生物との戦いを描いた人気(?)シリーズで、今回は正式に植民惑星となった火星を舞台に、落ちこぼれ新人部隊の隊長となった英雄リコといまだ火星で繁殖するバグとの戦い、そして若くして全人類のトップとなった新キャラの総司令官エイミーの悪だくみ政治戦略を描いたものとなっております。
総司令官エイミーが票欲しさに悪だくみを企てるわけですが、その話が作品の大半を占める内容となっており、バトルシーンは少なめな印象。
で、少なくなったように思えるバトルシーンも、これまでのシリーズ同様、ほぼライフルを乱射するだけなので、目新しさは無く。
これまでのシリーズ同様、バグに対する攻撃がライフルを持った歩兵による人海戦術しかなく、さすがにもうちょっと戦い方とゆうか、対抗手段、作戦、武器とか進化せんかね?w
登場人物はシリーズお馴染みの3人組、ただそれぞれ偉くなって役職が与えられているので、メインはやっぱり戦場現場主義な主人公のジョニー・リコ。
シリーズの中でも死亡率がかなり低めの作品で、消耗品のようにバグにサクサク殺されてた歩兵ですが、今作ではあまり死亡者が出て無かった。
前作(前々作もだっけかな?)から制作が日本のアニメ会社になったので、アニメーションのクオリティは非常に高め。
バグがワラワラ~っと出てくるお馴染みのシーンもあるし、宇宙戦艦のバトルシーンもあったりと、それなりにテンション上がる見所はあります。
が、個人的には、面白かった!とは言いにくいかな~、良くも悪くも普通とゆうかメインキャラが悪運で困難を乗り越えていく王道すぎる展開ばかりなので、最近の映画にしてはだいぶ物足りない感が。
まぁでも、つまらないわけではないんですけども。
基本的に人物設定とか世界設定とかそうゆう説明は一切無いので、シリーズファンに向けた作品となっております。
シリーズを観てきた人はネタ程度にオススメ。

主人公の容姿がゲーム「メタルギアソリッド」のスネークに似てきたので、メタルギアのパチモン映画観てる気分になっちゃってたなw
【 2019/06/17 14:02 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |