今回の映画
今回は1本。


「キャプテン・フィリップス」
2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。そして彼らを救うため、自らは単身で人質となり、海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移り、アラバマ号を後にする。やがて事件の一報を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、フィリップス船長の救出作戦を開始するが…。
【allcinemaONLINEより】

トム・ハンクス主演のノンフィクションサスペンス。
2009年にソマリア沖で実際に起きたシージャック事件を映画化したもの。
ケニアに物資を運ぶアメリカ籍の貨物船がソマリアの海賊によりシージャックされる。
海賊との交渉により船と乗組員は解放されるが、船長だけを人質に救命艇でソマリアに帰ろうとする海賊、しかし、救難信号により駆け付けた海軍により、救助作戦がとられることとなるのだが…。
ノンフィクション作品とゆうことで、ヒーローが活躍するような、はたまた乗組員の団結で海賊を圧倒するような、そんな展開はありません。
ただ、ノンフィクションならではの緊迫感は凄いね。
救出作戦中、海賊の出方を観察する時間があるわけだけど、その時間に船長が救命艇から一時的に脱出する場面がある。
海軍は救命艇から海に落ちた人間が誰なのか判断できずに救出できなかったわけだけど、しっかりカメラから目を離さなければ誰が落ちたかすぐにわかるはずなのに…。
とゆう、ちょっと「?」と思う場面もあったりしますが。
ラストで船長が救出された後が印象的、自分の命が助かったうれし泣き…ではない感情が伝わって、何とも複雑な心境になる結末。
出演者はトム・ハンクス、以外は知らない人ばかり。
面白かったです、死と隣り合わせの緊迫感・緊張感が物凄い、サスペンス好きな方にオススメ。
【 2018/07/09 14:00 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
急な充実
どうも、歌丸さんがお亡くなりに…、ふぁみこんです。

先代の円楽さんが亡くなった時もショックだったけど、小さいころから笑点で見てきた落語界の重鎮が亡くなるのはかなり悲しい。

ご冥福をお祈りします。



Steam(スチーム)” のサマーセールが終わりまして。

今回は1000円分ほど買いましたね。

昨年あたりにスチームのブラウザ(?)をインストールしてちょっとPCが変になって初期化した経緯があるので、若干スチームに怪訝なふぁみさんですが、セール価格の魅力には勝てず。

今年はサマーセール始まるの早くなかったですか?

6月末にはもう始まったな。

7月中旬ごろに始まるかと思ってたけど、早かった。

で、今年はこれまであまりセール対象にならなかった結構なビッグタイトルがセール対象に。

いろいろ見て欲しいものはあったんですけどねぇ、コントローラーが使えないと困るし。

以前買った 「Nom Nom Galaxy」 とゆうゲームがコントローラー対応表記になってるんだけど、実際買ってみたら対応にならなくて。

コンフィグでコントローラーの設定はあるんだけど、いろいろ試しても対応せず。

キーボードはムズいんでプレイは諦めることに。

この 「Nom Nom Galaxy」、PS4でもダウンロード販売しており、宇宙でスープ工場を経営するゲーム。

土地を掘って材料を手に入れ、様々なスープを開発し、工場を拡大し、宇宙一のスープ工場を目指すってゆうゲーム。

興味があれば是非に。


スチームには返品機能もあります。

購入してから何日以内だったっけな…サイトから返品処理すると、返品することが可能。

買ったはいいけど、家のコントローラーに対応してなかったり、PCのスペックが足りなかったりなどした時に返品ができるので、とりあえず買ってみるってことができるようになりまして。

まぁほぼほぼ返品しないけどね、なんか処理もめんどくさそうだし。


さて、今回のセールでふぁみさんが買ったものは、

 ・ Block Legend DX
 ・ Under Leaves
 ・ Hell Girls
 ・ Undertale
 ・ Unholy Heights

お安いものばかり5本。

ちなみに、ふぁみさんのようにクレジットカードを持たない人でも、手数料315円掛かりますがコンビニ払いもできます。


Block Legend DX」 は、パズルゲームとRPGをミックスしたゲーム。

基本はパズルゲーム、昔あった 「鮫亀」 とゆうパズルゲームと同じで、2個以上つながったブロックをクリックすると消すことができます。

これが中毒性が高くてねぇ、こればっかりやってるわw

Under Leaves」 は、ウォーリーを探せみたいなゲーム。

各地の動物から出される探し物を一定量探し出せばステージクリア、ゲーム自体はそれほど難しくなく、集中すれば1~2日でクリアできます。

グラフィックが綺麗でね、手書き風でアート感のあるグラフィックがステキ。

Hell Girls」 は、パズルゲーム+RPG。

ブロックをなぞり、縦横ナナメに3つ以上繋げると消すことのできるパズルで、3人の女性主人公を育てながら物語を進めていく。

クリックしてすぐにブロックを消せる 「Block Legend DX」 とは違って、若干手軽感が薄い。

Undertale」 は、ゲームをする人なら誰もが 「アンダーテイル」 とゆうタイトルだけは聞いたことのある話題作。

ブンハクさんオススメの1本、セールで500円切ってたんで買ってみた(・∀・)

あちこちで見かけるスクリーンショットを見る限りでは、かなり奇抜とゆうか、シュールな雰囲気のRPGっぽく感じるけど、実際は 「MOTHER」 みたいなゲームらしいっすね。

ちょっと時間が無くてまだプレイ出来てませんが、まとまった時間が出来たらプレイする予定。

Unholy Heights」 は、PS4・3DSでも配信されている 「メゾン・ド・魔王」。

魔王様がアパートを経営し、魔族を住まわせ、家賃収入を得ながらも襲い来る勇者たちを撃破するとゆうゲーム。

前々から気になってたタイトルで、遊びやすくなってるであろうPS4とかで遊んでみたかったけど、セールでだい~~~~~~ぶお安くなってたので衝動買い。

こちらもまだプレイ出来て無く…。


スチームのサマーセールと同時に、PS4「ファークライプライマル」 も購入。

「E3」 で海外ゲームの数々を見て、オープンワールドでゆっくり探索できるようなゲームは無いものかといろいろ探してまして。

そんな中見つけたのは 「フォールアウト4」。

オープンワールドで、尚且つ様々な遊べる要素や膨大なクエスト等々、かなり遊べるソフトらしく。

価格は中古でも4000円前後、ただこの1本で今年いっぱい遊べるならお買い得だなと思い、買おうかなと思ってたわけで。

で、買おうと思ってた矢先、Youtubeで ”兄者弟者” さんの 「ファークライプライマル」 の実況動画を見まして。

めちゃめちゃ面白そうじゃん。

「ファークライ」 シリーズ、UBIソフトから発売されているオープンワールドを舞台にした犯罪ゲームですが、「~プライマル」 はシリーズ初の原始時代を舞台にしたもの。

銃とかのエイム(狙い)がヘッポコなふぁみさんなので、できるだけ遠距離攻撃の無いゲームをプレイしたいワタクシ。

「~プライマル」 の遠距離攻撃は弓だけなので、割とゆっくり楽しめるかなーと。

で、ゲオで中古価格見てみたら2980円だったので即買い。

楽しいです、オープンワールドもメチャメチャ広くて遊びがいありますわー。

1週間ほど遊びましたが、ようやく操作とか慣れ始めてきましたよ。

いまだに慣れないのは、決定ボタンが×ボタンってゆう海外仕様なのがねw

ちなみにオンラインは無く、完全一人用ゲームです。


買ってはいないけど、オープンワールドでギャングする 「セインツロウ」 シリーズもスチームのサマーセールで格安でしたなぁ。

「セインツロウ」、オープンワールドで犯罪するゲームだけど、様々な衣装やアイテムなどで、かなりバカな遊びができるとか。

素っ裸でスカイダイビングとかねw

欲しいなぁと思いつつ日本語対応してないのでスルーしといた、「ファークライプライマル」 買った直後に見つけちゃったってのもあるしw


もう1本…いや2本ゲームが追加に。

「E3」 開催期間にセールしていた PS4「ダークサイダーズ」 とゆうものを購入してまして。

1&2パックで900円くらいだったはず。

ツイッターのお知り合い ”まなと” さんが前にゲーム放送してて面白そうだなと思ってたんで、安いうちに購入。。

これもちょいちょい遊んでます。

スタイリッシュアクションゲームで、「デビルメイクライ」 を少し遊びやすくした感じ。

雑魚に対してもフィニッシュブローがあったり、敵に囲まれても無双シリーズのようにまとめて攻撃出来たりと、かなり爽快。

「1&2」 パックなので、1本クリアしてもまだ続編があるってゆうね…。


そんなわけで、急にゲームが充実しております。

今のところどれか1本に集中するスタイルではなく、まんべんなくチョコチョコっと手を付けてる感じ。

「ドラクエ10」 もちょいちょいやってますよw

今のところ新作購入予定は、年内に発売予定の PS4「エースコンバット7」 と、来年2月予定の PS4「アンセム」 を予定してるので、しばらくは…とゆうか年内はゲーム買わなくてもよさそう。

…もう年半ばですけど、ホントに年内に出るの? 「エスコン7」 (・ω・)?

【 2018/07/07 14:01 】

ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) |
デッドプール2
観て来てました 「デッドプール2」、6月1日にね。

ではいつものように劇場予告編から…ってもうほぼ忘れたので今回も本編へw

「ハンソロ」 とか 「スカイスクレーパー」 とか 「くまのプーさん(実写)」 とかやってたな…、まぁいいか。


愛しのヴァネッサを取り戻し、平穏な日々を送るデッドプールことウェイド・ウィルソン。ある日、機械と生物の融合体である超人ケーブルが未来からやってくる。彼の狙いはミュータントの孤児院に暮らす少年ラッセル。最初は乗り気じゃなかったウェイドだが、ヴァネッサに背中を押されて正義のヒーローとなりラッセルを守ることに。しかし一人では太刀打ちできないと悟ったウェイドは、新聞広告で超人たちを募集しチーム“Xフォース”の結成に乗り出すのだったが…。
【allcinemaonlineより】


冒頭、家の中に置かれたいくつもの燃料タンク、その上に寝そべるデッドプール。

回想へ突入、前作のその後のデッドプールは正義(?)の為に世界各地の悪人を殺しまくっていた。

しかしとある日、恋人と暮らすアパートでのんびりしていたところへ殺し屋集団が突入。

どうにか撃退するデップーだったが、流れ弾が恋人に命中、絶命してしまう。

で、現実に戻るわけだが、そんな恋人の死に悲観して爆破自殺しようとするのだが…。


OPが始まるわけですが、前作同様スタッフクレジットの文字でお遊び満載、とゆうか文句言いまくりw

OP映像はどう見ても 「007」 のパクリだし、最終的には 「フラッシュダンス」 のパクリとか出してくるしで、OPからめっちゃ笑えたw

相変わらず映画ネタが満載の作りになってます。


OPと言えば、OP前の冒頭部分では 「ローガン(2017)」 をいじってますな。

ローガン、おもちゃになってるしw


爆破自殺の後、デップーの能力は不死身ですからね、まぁ死ねないわけですが、目覚めた場所はなんと 「X-MEN」 の ”恵まれし子らの学園” !

思いっきり 「X-MEN」 と繋げちゃったよオイw

前作でコロッサスが登場してるので 「X-MEN」 と繋がってるってのは承知してましたが、それでもなんとなーく 「X-MEN」 とは別世界なのかもなーとも思ってたんですけどね。

そんな ”恵まれし子らの学園” でも好き放題しちゃうデップー、プロフェッサーXの能力増幅装置 ”セレブロ” ノヘッドセットを被っちゃったり、あの車椅子を乗り回したり。

シリアスな 「X-MEN」 作品を小馬鹿にしまくりで笑いが止まらんw


おもしろ場面としては、前作でも批判してたヒーロー着地が今作でも登場ww

今回も文句ぶつぶつww


なんだかんだとあり、新しい仲間を募集しだすデップー。

役に立つかどうかはわからないけど、様々な能力を持った者たちが集まることに。

注目はやっぱり超運の良い女性 ”ドミノ”。

この娘、本当に運が良い。

吹っ飛んでくる車がスレスレで当たらなかったりなどなど。

運が良いだけではなく、戦闘能力も普通に高くて動きもカッコイイとゆう、そりゃ人気出るわw


”ドミノ” も注目キャラクターだけど、個人的にはヒーロー募集でやってきた透明人間が良かったね。

透明人間とゆう能力だけど、話しかけても全く反応無いし、装備品が椅子の上に置かれてるだけだし、本当に透明人間? 居る? ってゆうのが面白かったなー。


もう一人の重要キャラクター ”ケーブル”。

未来からやって来た男で、デップーが出会ったミュータントの少年を狙う者。

あれ、この設定は…ターミ…もごもご。。。


新しい登場キャラクターとして、前作でコロッサスと一緒に登場したミュータント女子の ”ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド”。

彼女の彼女として(彼では無い) ”ユキオ” とゆう女の子が登場。

この ”ユキオ”、演じるのは日本の女優 ”忽那汐里” さん。

メチャくそカワイイんだが、 ”忽那汐里” さんってこんなにカワイかったっけ??

昔、名探偵コナンの実写ドラマで、蘭ねーちゃん演じてたな…。

デップーに はぁ~い くらいしか言わない超脇役の ”ユキオ” もミュータントで、そんな返事するくらいのキャラクターかなとか思ってたら終盤でちょっと戦いますね。

無事生き残ったので、次回作があるならまた登場したりするのかな?


コメディ満載で作られてる映画ですが、全体的には妙にしっとりしたとゆうか、しんみりするシーンが多かったなーとゆう印象。

なので、個人的には途中で若干飽きがくる時間帯があったなーと。

ただ、そんな感じもぶっ飛ぶような事件解決後の展開が凄すぎて…。

事件解決後、映画界と主演のライアン・レイノルズを心配してしまうようなシーンの数々が!!

いいのか!? そんなことしていいのか!?!? DCコミックに怒られないか!?!?!

ってゆうシーンがバンバン流れますww

最後の最後にやってくれるぜデップーw


15禁とゆうことで、下ネタ満載だったりしますが、グロ映像も若干あり。

デップーさんが真っ二つに千切れるシーンは、デップーが内蔵引きずりながら這ったりするので、グロ苦手な方はご注意を。


いやはや面白かった、前作が面白かったって人は問題なく楽しめるはずなので、デップーだけじゃなく 「X-MEN」シリーズが
好きな方にもバッチリオススメ。

【 2018/07/02 14:03 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
困ったことに
どうも、そろそろ夏アニメの時期ですな、ふぁみこんです。

今期の夏アニメは、個人的にはあまり観たいのは無いかな。

4タイトルくらいなので、今年の夏はゲームの時間が増えそう。



困っています。

子供の頃からゲームしまくってたワタクシ、ここ最近、ゲームが楽しくない。

この2~3週間、ほんと楽しくゲームをしてなくて、ビミョーに苦しい。

3月に 「モンハンワールド」 を始めて、6月中旬ぐらいまでプレイしてきましたが、5月にアップデートが無かったのですっかり飽きてしまって。

6月にアップデートがあったものの、追加されたモンスターはワタクシの手に負えない強さで全然討伐出来ず。

一人が無理ならみんなで!

ってゆうことができるのが 「モンハンワールド」 だが、見知らぬハンターさんも手こずる強さ。

それでも、討伐失敗でもいいから最後まで付き合ってくれればいいのだけど、みんな小慣れて来てるのか一回死ぬとパーティを抜けるってのがデフォルトになってきてるようで。

討伐どころじゃねぇ。

もう手に負えない、「モンハンワールド」 がストレスになってきている!!

ってことでスッパリやめました。

データを残しておくと、なんとなくまたやりたくなっちゃうのでデータも消去。


さて、「モンハンワールド」 をやめたのでお次は何をやろう。

何かしらゲームはしてたいワタクシ。

「E3 2018」 でPS4に配信された 「フォールアウトシェルター」 が無料だったので始めてみたわけです。

面白い…のだが。。。

核戦争後の世界で、シェルターに集まる人々の生活を管理するゲームですが、何をするにも時間がかかる。

物資を補給するにも物資が出来上がるまで〇〇分待たなきゃならないし、装備を作るにも完成まで〇〇時間〇〇分待たなきゃならない。

そのほとんどが数時間単位なので、1日にゲームをプレイする時間はほんの数分。

一応時間を短縮するアイテムがあるものの、そのアイテムもまだ大量に入手することもできず。

面白いんだけどさぁ…もうちょっと遊びたいんですが…。


大人気FPS 「フォートナイト」 も始めてみた、これも無料。

FPS自体にあまり触れたことのないワタクシ、フィールドの武器を拾い、相手に向かって発砲するんですが、これがまぁ全然当たらない!?

始めたばかりなので、エイム(狙い)がへっぽこなのはわかる。

それでもくじけずに1週間ほど続けてみましたが、心を折られる決定的な瞬間が訪れることに。

ショットガンを入手、目の前には後ろを向いているプレイヤー、こちらには気づいてない!!

又と無いチャンス!!

しっかり狙いを定めショットガンをぶっ放す!!!

死なない!!!?!?!

うぇえええ!?!?

しっかり当たったじゃん!?!?

振り向かれた相手にライフルを連射されご臨終~(ΦωΦ)

エイムがどうとかの問題じゃなかった。

…相性?

ってことで 「フォートナイト」 もストレスゲームになってしまったので、ほぼほぼやらなくなり。


すっかりプレイするゲームが無くて困っておりますよ。

「ドラクエ10」 もちょいちょいレベル上げはしてるけど、ガッツリプレイするほどのモチベーションは今のところ回復してはおらず。

いつかちゃんとプレイしたいなーと売らずに残してあるソフトも何本かあるものの、こちらもモチベーションが上がらず手つかず。

なんか無いかなー。

「ザ・コンビニ」 とか 「ザ・テーマパーク」 とか、経営シミュレーションが好きだったけど、最近の経営シミュレーションは細かい部分までこだわり過ぎてて、経営できるか心配過ぎる。

もうちょっとこうさぁ、本格過ぎるんじゃなくザックリしたシミュレーションがいいのよ。

スーファミの 「シムシティ」 とかさぁ。

最近はそうゆうの無いかぁ。


今週末にゲオのセールが始まるから、そこで何か見つけられればいいなぁ。

あ、ブンハクさんオススメの 「アンダーテイル」 がちょっと気になってる。

スチームのサマーセールでかなりお安いのでやってみようかな?

スチームはコントローラーが使えるかどうかがゲームをするまでハッキリしないのが難点。

マウスでポチポチならまだしも、キーボードで操作となるとキチぃ…。

【 2018/06/28 14:00 】

ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) |
今回の映画
今回は1本。



「フライト・オブ・フェニックス」
7月のある日、モンゴルでの石油探掘作業を終えたスタッフと廃材を乗せた貨物運搬機が巨大な砂嵐に遭遇、無線と片方のエンジンを破損しゴビ砂漠のど真ん中に不時着してしまう。この事故から生き残ったのは操縦士フランクら10人。容赦ない陽差しが照りつける中、やがて彼らは、捜索隊による救出が望み薄であることを悟る。食料も水もほとんどなく、窮地に立たされていく生存者たち。そんな時、生存者の一人エリオットが不時着した貨物機を調べ、みんなの協力があれば機体の残骸から新しい飛行機を造ることができると提案するのだった。
【allcinemaONLINEより】

デニス・クエイド主演のアクションアドベンチャー。
油田の採掘場から本土へ帰るために、廃材とスタッフを乗せた航空輸送機が飛び立つ。
すると巨大な砂嵐に遭遇、しかしパイロット(デニス・クイエド)は戻ったら燃料を補充しなおさないとならないと砂嵐に突っ込むことに。
2基あるエンジンの片方は壊れ、無線のアンテナも折れ、操縦の甲斐も無く飛行機は砂漠のど真ん中へ不時着、八方ふさがりに。
たまたま乗り合わせた飛行機の設計士の意見により、飛行機を一度解体して新しく作り直すことにした一行は…。
砂漠のど真ん中、通信もできず、飛行機は半壊、かろうじて残った食料と水、生き残ったのはわずか数名。
絶望過ぎる状況に陥ったわけですが、一人だけ諦めなかったのが飛行機の設計士。
ところがこの設計士、まぁクソむかつくヤツでw
物語を盛り上げるには、こうゆうムカつくヤツは必須ですわなw
物資が少ない極限状況、当然のように争いが起きますが、思ったよりはギスギスせず。
ちょっとした不注意で燃料が爆発しちゃったり水が無くなっちゃったりと、事故での損失が多い。
飛行機も作ってる作業は見せてくれるけど、飛行機がどのように組みあがっていくのかはよくわからず。
最終的に出来上がった飛行機を見て、どうやってこの機体で全員助かるわけ?と思ったんですが、まぁ~驚きの搭乗方法でしたね。
そのへんは観てのお楽しみってことで。
出演者はデニス・クエイド、「ワイルドスピード」シリーズに出てるタイリース・ギブソン。
思ったよりは面白かったです、行動できる範囲が狭いのでソリッドシチュエーション的な映画が好きな人にはオススメ。
【 2018/06/25 14:02 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ