FC2ブログ
今回の映画
今回は1本。


「ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡」
1981年、刺激のある人生を求め旅するバックパッカー、ヨッシー・ギンズバーグ。彼は友人とガイドと共に、ボリビアのジャングル奥深くにある秘境の地を目指していた。しかし、あるトラブルが起こり、ヨッシーはジャングルにたった1人取り残されてしまう。ジャングルに潜む野生生物や自然の脅威に晒され、さらに孤独な闇夜を過ごすことで肉体・精神ともに追いつめられていく。そして、最後は自分との闘いに…。
【Amazon.co.jpより】

ダニエル・ラドクリフ主演の伝記ドラマ、12禁。
実在するバックパッカーのヨッシー・ギンズバーグ氏が実際に体験したジャングルでの19日間の遭難をもとにした著書を映画化したもの。
兵役を終えた主人公は、刺激を求め各地を旅する中、同じくバックパッカーの友人3人とガイドと共にジャングルの秘境を目指すことに。
ところがジャングルで遭難、ガイドと揉める等ハプニングの末、イカダで川を下る2人(主人公はこちら)と、森を突き抜ける2人に分かれ下流の村へと目指すのだったが、川の激流でさらに遭難、一人でジャングルに取り残されてしまうのだが…。
実在する人物のノンフィクションストーリーとゆうことで、派手な演出はほとんど無いです。
主人公が、本格的に遭難するまではまぁまぁ優柔不断とゆうか、周りに流され体質とゆうか、知識もなく危機感が薄く興味本位で危険な場所に入っていくあたりは若さゆえか。
本格遭難まで結構ダラダラと長い印象、4人でジャングルに入り、ちょっと遭難ぽい事態になり、あれ?このくらいで遭難パニック映画なのかな?と心配になりましたが、二手に分かれてから一気に遭難レベルが爆上がり。
映画が面白くなるのはここからですね。
まぁ実際の遭難体験なので「面白い」って言っちゃ不謹慎ですけどもw
遭難日数が経過するほどに肉体的には当然ながら、精神的に追い込まれていく主人公、幻覚を見始めるようになるし、その幻覚のせいで命の危険にさらされたり。
遭難の恐怖がひしひしと感じる描写はなかなかに凄い。
出演者は、主人公にダニエル・ラドクリフ、世間的にはあまり知られてないけど結構ビッグタイトルにも出演しているトーマス・クレッチマンなど。
ラドクリフくんの映画を紹介する度にこう言っちゃうのもなんだけど、すっかりハリポタのイメージが無くなって、良い演技する役者になってますよ。
個人的には結構面白かったです、伝記映画好きな方よりは、パニック映画好きな方にオススメかな。
映画の最後には、この時に一緒にジャングルに入ったメンバー達のその後が紹介されます。
【 2019/06/24 14:04 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今回の映画
今回は1本。


「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」
地球の植民惑星となった火星。平和なこの星で、かつての対バグ戦争の英雄ジョニー・リコは、“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵たちの訓練に当たっていた。そんなある日、この火星にいるはずのないバグの群れが突如現われる。火星を守るため、“はぐれ小隊”を率いてバグに立ち向かっていくリコだったが…。
【allcinemaONLINEより】

SFアクションシリーズ最新作第6弾、CGアニメ。
バグと呼ばれる宇宙生物との戦いを描いた人気(?)シリーズで、今回は正式に植民惑星となった火星を舞台に、落ちこぼれ新人部隊の隊長となった英雄リコといまだ火星で繁殖するバグとの戦い、そして若くして全人類のトップとなった新キャラの総司令官エイミーの悪だくみ政治戦略を描いたものとなっております。
総司令官エイミーが票欲しさに悪だくみを企てるわけですが、その話が作品の大半を占める内容となっており、バトルシーンは少なめな印象。
で、少なくなったように思えるバトルシーンも、これまでのシリーズ同様、ほぼライフルを乱射するだけなので、目新しさは無く。
これまでのシリーズ同様、バグに対する攻撃がライフルを持った歩兵による人海戦術しかなく、さすがにもうちょっと戦い方とゆうか、対抗手段、作戦、武器とか進化せんかね?w
登場人物はシリーズお馴染みの3人組、ただそれぞれ偉くなって役職が与えられているので、メインはやっぱり戦場現場主義な主人公のジョニー・リコ。
シリーズの中でも死亡率がかなり低めの作品で、消耗品のようにバグにサクサク殺されてた歩兵ですが、今作ではあまり死亡者が出て無かった。
前作(前々作もだっけかな?)から制作が日本のアニメ会社になったので、アニメーションのクオリティは非常に高め。
バグがワラワラ~っと出てくるお馴染みのシーンもあるし、宇宙戦艦のバトルシーンもあったりと、それなりにテンション上がる見所はあります。
が、個人的には、面白かった!とは言いにくいかな~、良くも悪くも普通とゆうかメインキャラが悪運で困難を乗り越えていく王道すぎる展開ばかりなので、最近の映画にしてはだいぶ物足りない感が。
まぁでも、つまらないわけではないんですけども。
基本的に人物設定とか世界設定とかそうゆう説明は一切無いので、シリーズファンに向けた作品となっております。
シリーズを観てきた人はネタ程度にオススメ。

主人公の容姿がゲーム「メタルギアソリッド」のスネークに似てきたので、メタルギアのパチモン映画観てる気分になっちゃってたなw
【 2019/06/17 14:02 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Nintendo3DS生産終了 と ソフトリリース終了
どうも、最近また 「DQビルダーズ2」 をプレイ中、ふぁみこんです。

アレコレと建築したのち、ビルダーたちが最終的にやってみたくなるのが全堀り。

ただいま拠点である ”からっぽ島” を全堀りしておりますw


任天堂より発売中の 「newニンテンドー3DS」 シリーズが生産終了になりました。

現時点ではすべてのシリーズが生産終了ではなく、

 ・ ニンテンドー 3DS(初代)
 ・ ニンテンドー 3DS LL
 ・ new ニンテンドー3DS

の3機種が生産終了。

 ・ new ニンテンドー 3DS LL
 ・ new ニンテンドー 2DS LL
 ・ ニンテンドー 2DS

は、生産継続中。

そして3DSソフトのリリース終了も発表されました。

現在発売を予定しているタイトルは、サードパーティより4タイトルを予定。

その4タイトルが発売に漕ぎ着けるかどうかわかりませんが、今後は新規3DSタイトルが発表されることはありません。


新規タイトルのリリースも終了したとゆう事で、本体側も残った3機種の生産が近いうちに終了するかもしれません。

ソフトは、ゲームカードは中古で入手が可能でしょうが、ダウンロード版は 「Wii」 のダウンロードソフト配信が終了した歴史もあるので、そのうち3DSダウンロードソフトの配信も終了する日が来るでしょう。

ダウンロード配信のみとゆうソフトも多数あるので、お気に入りの配信タイトルは今のうちにダウンロードしておくことも考えておくとよいかもしれませんね。


今後は 「ニンテンドースイッチ」 が任天堂のメインマシンになっていくようですな。

噂では夏ごろに廉価版の発表? 発売? があるらしいとの噂も。

任天堂携帯ゲーム機の主力でもあった 「ポケモン」 シリーズも 「スイッチ」 に移行しましたしね。

【 2019/06/12 14:05 】

ゲーム | コメント(0) | トラックバック(0) |
今回の映画
今回は1本。


「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(実写版)」
“スタンド”と呼ばれる特殊な能力を持つ高校2年生、東方仗助。彼が暮らす杜王町は、緑豊かで平和な町。ところが最近、謎の変死事件が続発していた。それは凶悪なスタンド使いアンジェロの仕業で、ある事件をきっかけに仗助に対して激しい憎しみを抱くようになる。そんな中、仗助の前に承太郎と名乗る男が現われ、仗助は実の父親を巡る秘密と、奇妙な事件の背後に蠢く凶悪なスタンド使いたちの存在を知ることに。やがて愛する家族と町を守るため、自らの使命と向き合い、アンジェロとの戦いに身を投じていく仗助だったが…。
【allcinemaONLINEより】

人気漫画の実写映画化第1弾、アクション。
特殊能力スタンドを持つ高校生がその力を駆使して、同じスタンド使いである敵と戦う物語。
とゆう説明も必要のないほどの人気漫画を実写化したもの。
スタンドの再現は当然のようにフルCG、出来としては予測の範囲内とゆうところでしょうか。
時間の都合もあってスタンド自体の登場シーンは少なかった印象。
ストーリー展開はほぼ原作と同じで、仗助のおじいちゃんの死、アンジェロとの戦い、慶兆との戦いとゆう流れ。
その中に、康一と由花子との出会いなども盛り込まれてます。
どうしても原作やアニメと比べてしまいますが、原作と比べて台詞量が圧倒的に少ない!
前にツイッターで、同じシーンの実写とアニメを比べた映像がありましたが、実写版はまぁ~~~しゃべらないね。
基本的にはたっぷりの「間」で雰囲気を表現する手法で構成されており、原作ファンならキャラクター達がどうゆう心理かとかわかるけど、ジョジョを知らない人には台詞の掛け合いが少なくかなり物足りないのでは?
で、まぁ内容的には可もなく不可もなくな感じだけど、この映画をダメにしてるのが出演者と衣装。
原作での奇抜な格好のキャラクターをそのまんま再現したビジュアルが、どうにもこうにもコスプレにしか見えず。
漫画を実写化した日本映画って、なぜどの作品もコスプレチックなのか…。
出演者も難有り。
原作のゴツくもあり迫力のあるキャラクターを、若者人気を優先させたかのような華奢な体のイケメン俳優を起用したのは完全なるキャスティングミス。
俳優さんの演技が悪いわけではない、キャラクターの設定に容姿が合わな過ぎたキャスティングが全部ぶち壊してる。
見た目のせいで不良高校生(正確には違うけど)の迫力が感じられず、最後の最後まで違和感をぬぐえませんでした。
出演者は、山崎賢人、神木隆之介、伊勢谷友介、岡田将生、新田真剣佑、小松菜奈、山田孝之、観月ありさ、国村隼など。
伊勢谷さんの丈太郎はギリギリカッコ良かったなw
実写版、予定では四章仕立ての予定だったようですが、いろいろあって今のところ一章のみの展開。
興収とかね…いろいろとw
かなーりクセのある原作の画風と、実写化どころかアニメ化もなかなか難しいと言われた内容設定である超人気作を実写化にあたって、当然のように賛否両論巻き起こったわけですが、…まぁ9割方「否」だったわけですけど、感想としては思ってたよりはまぁ良かったかなと。
とは言え、そもそもの期待値がド底辺だったこともありますけどもw
二章以降は作られるのか? このままお蔵入りか?
【 2019/06/10 14:00 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今回の映画
今回は1本。



「キングスマン:ゴールデン・サークル」
ロンドンの高級テーラーの地下に本部を置く、どの国にも属さないスパイ機関“キングスマン”がある日、サイコパス女ポピー率いる世界的麻薬組織“ゴールデン・サークル”の攻撃によって壊滅してしまう。残されたのはエグジーとメカ担当のマーリンのみ。そこで2人はアメリカに渡り、同盟組織“ステイツマン”に協力を求める。するとそこで、死んだはずのハリーとも再会するエグジー。テキーラ、ウイスキー、シャンパンらステイツマンのアメリカン・スタイルに戸惑いつつも、ゴールデン・サークルの恐るべき陰謀を阻止すべく決死の戦いに臨むエグジーだったが…。
【allcinemaONLINEより】

人気スパイアクションシリーズ第2弾。
世界最大の麻薬組織ゴールデン・サークルを相手に、表向きには高級テーラーを経営しているスパイ組織キングスマンが世界を股にかけて戦う。
今作では、前作で死亡してしまったハリーも色々あって復活したり、キングスマンとゆう組織自体がピンチに陥り、アメリカのスパイ組織(CIAではなくキングマンの系列組織)に手を借りたりなど、ワールドワイドな活躍を魅せます。
前作同様のコミカルなノリはそのままに、シリアスあり、超絶アクションありと面白要素は満載。
そして前作同様、若干のグロもありw
ひみつ道具も多種多様、が、あまり目立たないとゆうか、登場するけど水陸両用車だったり、傘型地雷探知機だったり、カバンが変形してデカくなるシールドだったり、割と地味な使われ方だったなーとゆう印象。
エルトンジョンが本人役で登場し、かなりお下品な(w)行動とったりと、大スターをこうゆう風に使うのスゲェ映画だなと思いましたねw
元々こうゆうハッチャけた性格の人らしいっすね。
前作で死亡したハリーが色々あって復活するわけですが、この復活までのアレコレが結構長く感じちゃって、中盤辺りちょっとダレちゃったなーと。
特筆すべきはやっぱりアクション、ワイヤーアクションを超えたと言っても良いほどの超絶アクションが凄すぎる。
もちろん、CGで補正されてるのはわかるんだけど、ラストバトルのアクションなんてテンション超上げ上げ!
出演者は、コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートン、ハル・ベリー、エルトン・ジョン、チャニング・テイタムなど。
めちゃめちゃ面白かった、前作よりも格段にパワーアップしててアクション映画好きは間違いなく楽しめるかと、オススメ。
「キングスマン3(仮題)」が来年公開予定でハリーとイグジーのストーリーが完結だそうで。
【 2019/06/03 14:02 】

映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ